貴院でお困りのエキゾチックアニマルの症例(診断がつかない、治らない等)に関して、当院から診療の支援を行います。エキゾチックアニマルの獣医学は現在、未解明なところが多く、診察、検査、治療において様々な問題があります。当院における最大限のアシストをさせて頂きます。



●げっ歯目
ハムスター、マウス、ファンシーラット、リス、モモンガ、プレーリードッグ、ジリス、モルモット、チンチラ、デグーなど
●ウサギ目
ウサギなど
●食肉目
フェレット、フェネック、ミーアキャット、ハクビシンなど
●霊長目
リスザル、ロリス、マーモセット、オマキザルなど
●食虫目
ハリネズミ、テンレックなど
●有袋目
ワラビー、フクロギツネ、フクロモモンガなど
●爬虫類
イグアナ、フトアゴヒゲトカゲ、ヒョウモントカゲモドキ、リクガメ、カメレオン、半水生ガメ、ヘビなど
●鳥類
セキセイインコ、オカメインコ、コザクラインコ、ボタンインコ、オウム、ブンチョウ、ジュウシマツ、カナリア、猛禽類など
●その他
ご相談ください


「症例支援」というタイトルで、霍野(tsuruno@epc-vet.com)までメールで支援依頼情報をお送りください。

数日以内に症例に対してのアプローチ法、検査方法、検査結果解釈、治療方法をご指導させて頂きます(病院の都合上、時間がかかる場合もありますのでご了承下さい)。急患の方の支援はご遠慮ください。



動物の種類、品種、年齢、性別、飼育の温度、湿度、照明、食餌、ケージ、主訴、身体検査、既病歴、臨床検査(血液検査、X線検査、超音波検査、病理組織学的検査、細胞診検査、微生物検査、ウイルス検査等)の結果、治療歴を記載してください。情報が不足したり不明の症例は、支援が困難であったり無責任な支援になりかねませんのでお受けできません。



1症例に付き6,000円(税抜)です。支払いは振込みになります。